大町煉瓦館の最新情報


by omachirengakan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2,000年ハス、移植完了!

3月27日(木)は、記念すべき日となりました。

 多久、聖光寺さんから分けて頂いた「2,000年ハス」の苗を、大町子どもダッシュ村隣の「仏法堤調整池」に移植しました。

 3月初旬に頂いた苗は、スタッフのビニールハウスのなかで籾殻の床に包んで大事に育てて来ました。この程、芽が出て小さな葉っぱが育ったことで、いよいよ移植することになりました。

 2,000年前の「古代遺跡」から発見された蓮の種。そのDNAを受け継ぐハスが、大町の地で花開こうとしています。

 今後、遅霜対策等を施しながら育成を見守ります。気候変動などの「予期せぬ事態」がなければ、6月には大町初の「2,000年ハス」の開花が期待出来そうです。

「古代のロマン」「弥生時代の夢」は、もうすぐ実現します。
写真は、移植前の「2,000年ハス」



移植第一号のハス苗。ただの「レンコン苗」ではありません。夢とロマンと時代の重みがタップリ詰まった「希望の苗」です。可憐な花を咲かせて!



いよいよ移植。浮き上がらないように、加工した竹でハス苗を優しく押さえます。



移植完了!九つの苗が、無事移植されました。




翌日、遅霜対策の一環として、移植されたハス苗にビニールがかけられました。

[PR]
by omachirengakan | 2014-03-29 10:27 | Comments(0)